フィラリア薬を飲ませてたのに犬が死亡することがあるのですか?

犬の薬サポートレポートは、犬の薬を納得いくまで知ることができるWEBページなんです。犬の薬に関係する問いかけがスッキリ解消するのができることになっております! - フィラリア薬を飲ませてたのに犬が死亡することがあるのですか?

犬の薬サポートレポート

フィラリア薬を飲ませてたのに犬が死亡することがあるのですか?

犬のフィラリア症は蚊に潜んでいる寄生虫が原因です。
寄生虫を持っている蚊に刺されると皮膚や筋肉で成長を続け、血管から心臓に寄生することがあります。
大きいものは30cmもの長さに成長し、血液の流れが悪くなり最悪死に至ることがある怖い感染症です。
そうなる前に駆虫するのがフィラリア薬です。

犬が死亡することが

このときにフィラリア薬を飲ませるのが遅いと犬がショックで死亡することがあります。
成虫はミクロフィラリアと言う幼虫を産みますが、感染した犬にフィラリア薬を飲ませるとこのミクロフィラリアが大量に死亡し血管を詰まらせることがあるのです。
ショックを起こして犬が死亡することがあるので注意が必要です。
フィラリアが成虫まで成長してしまっても、強い駆虫薬を使用し治療することは可能です。
しかし効果が強い反面、たくさんの成虫が死亡し、血管や心臓に詰まる恐れがあります。
そうなると手術してフィラリアを取り出すしかないです。
既に犬が弱っている場合が多く、負担のかかる手術中に死亡する可能性も高まります。
たとえ全て取り出すことができても今まで受けたダメージが残っています。
ミクロフィラリアが血液中に潜んでいる状態ではなく、まだ幼虫が皮膚や筋肉に潜んでいるうちにフィラリア薬を飲ませて駆虫することが必要です。

血液検査で感染していないか調べる

フィラリア薬は蚊の発生開始1か月後から蚊の発生終了1か月後まで飲ませ続けることが必要です。
最初に飲ませる前に血液検査を受けるとフィラリアに感染していないか調べることができます。
最寄りの動物病院で血液検査が受けられるかどうか確認してみて下さい。
体内で成長するまで2か月ほどの期間がかかるために、フィラリア薬を1か月ごとに1回飲ませておけばまず大丈夫です。
フィラリア薬じたいは副作用の少ない有効成分が含まれているために安全性が高いです。
犬種や個々の犬の状態によっては危険なことがあるため、事前に獣医さんに相談してみて下さい。

動物病院以外でも購入できる

フィラリア薬は動物病院以外でも通販で購入できるようになりました。
動物病院より安い、自宅でフィラリア対策ができると言うメリットがあります。
しかし最初から通販では無くまずは動物病院で購入し、その後に通販で購入したほうが良いでしょう。

犬の薬サポートレポートTOPへ