犬の目の病気にはどんなのがあるのでしょうか?

犬の薬サポートレポートは、犬の薬を納得いくまで知ることができるWEBページなんです。犬の薬に関係する問いかけがスッキリ解消するのができることになっております! - 犬の目の病気にはどんなのがあるのでしょうか?

犬の薬サポートレポート

犬の目の病気にはどんなのがあるのでしょうか?

目の病気

症状

犬はヤブでも草むらでも平気で顔を突っ込みます。それに風の強い日だかといって目をつぶり、埃を避ける事もしません。ですから目やにが多くなり、ひどいケースでは目がふさがるほどになったり、眼がしらから鼻にかけて毛が茶色に変色したりする事もあります。また、場合により猫にひっかかれて、角膜が破れる事もあります。しかし、犬は人間ほどに痛みに対して敏感ではありません。人に痛みや異常を訴えるという事もほとんどしないので、日頃から飼い主がいかに愛犬の観察をできているかが重要になります。

一部の純血種には眼球が突出しているものもいますから、涙やけになる事もあります。反対に奥目気味のコリーなどは目の発達が遅れ過ぎて、少しの事でも失明する恐れがあります。

涙やけとは

スピッツやプードル、マルチーズなどの眼球が突出しているタイプの犬に多く見られる病気です。目頭から鼻にかけて毛が赤茶色に変色しているので、それと分かります。涙が排出される穴が詰まっているので、目がしらから外へ流れ出てしまうのです。

白内障とは

眼球が白く不透明になる病気で、プードル、チワワ、アフガン、マルチーズ、コッカスパニエルなどがなりやすいです。老犬に多く発症して失明に近い状態になります。これを避けるためには交配相手の血統をよく調べて遺伝体質に注意します。

結膜炎、角膜炎とは

結膜炎の場合には痛みのために触られる事を嫌いますが、そっと指で目を開ければ、赤く腫れている事に気が付きます。原因は薬品やほこり、外傷や感染により発症します。これはジステンパーと同様の症状で、涙が多くなり、すぐに膿性の目やにが出るようになります。結膜炎が悪化した時には角膜に炎症が起きて、光をまぶしがり痛がるようになります。角膜炎は他にもヘアスプレーが原因で発症する事もあります。角膜炎は治療が遅くなると角膜の表面が凸凹になり、角膜潰瘍と呼ばれる状態になります。ですからすぐに目を水洗いする処置が必要です。愛犬は病気になっても飼い主に言葉で訴える事はできませんから、飼い主が日頃からどれだけ愛犬の状態を観察できているかが、病気発見のカギです。愛犬の健康管理は飼い主の義務である事を理解する必要があります。

犬の薬サポートレポートTOPへ