フィラリア薬を一ヶ月忘れただけでもフィラリアに感染してしまうもの?

犬の薬サポートレポートは、犬の薬を納得いくまで知ることができるWEBページなんです。犬の薬に関係する問いかけがスッキリ解消するのができることになっております! - フィラリア薬を一ヶ月忘れただけでもフィラリアに感染してしまうもの?

犬の薬サポートレポート

フィラリア薬を一ヶ月忘れただけでもフィラリアに感染してしまうもの?

蚊の出る季節は愛犬がフィラリアに感染するリスクがあり、それを予防するためのフィラリア薬の投与が必須です。毎月フィラリア薬は投与するのが基本ですが、ついつい一ヶ月だけフィラリア薬を忘れてしまうという事も時にはあるでしょう。例え一ヶ月だけでもフィラリア薬を忘れてしまうと愛犬がフィラリアに感染してしまうものなのか、解説をしていきます。

フィラリアに感染する可能性は十分ある

一ヶ月フィラリア薬を忘れてしまっただけでも、運が悪ければ愛犬がフィラリアに感染する可能性は十分あります。ただし一ヶ月フィラリア薬を忘れると確実にフィラリアに感染するというわけでもありません。フィラリアをもった蚊にさされなければ、フィラリア薬を忘れてしまい薬の予防効果がない間もフィラリア感染をする事はありません。特に室内犬で都内などで飼われている犬の場合、フィラリア感染のリスクは若干低いと考えられます。なので、一ヶ月忘れてしまったからもう諦める、なんていう必要はありません。

フィラリア薬を忘れてしまった時の対処

フィラリア薬を一ヶ月忘れてしまった時の対処方法についてお話をします。フィラリア薬を忘れてしまったと気がついたらすぐにでもフィラリア薬を投与してください。そうすれば再びフィラリア薬の効果が発揮され、フィラリア薬投与後にはフィラリア感染を回避できるようになります。また、フィラリア薬がきれている間に仮にフィラリアに感染してしまったとしても、成虫になる前の初期段階であればフィラリア薬で駆除する事もできます。こういった理由からも、フィラリア薬の飲み忘れに気がついたらもう遅いと思わずにただちにフィラリア薬を投与すべきだと言えます。

フィラリア薬を忘れて感染するかどうかは五分五分

フィラリア薬を一ヶ月忘れてその間にフィラリア感染するかどうかは五分五分です。感染する事もあれば、しない事もあります。ただなんにしても、気がついたらすぐにフィラリア薬を投与するという事がとても重要です。

犬の薬サポートレポートTOPへ