フィラリア薬の効果期間はどのくらい?

犬の薬サポートレポートは、犬の薬を納得いくまで知ることができるWEBページなんです。犬の薬に関係する問いかけがスッキリ解消するのができることになっております! - フィラリア薬の効果期間はどのくらい?

犬の薬サポートレポート

フィラリア薬の効果期間はどのくらい?

フィラリア薬の投与間隔は1ヶ月ごととなっています。しかしながら、実際にフィラリア薬の効果期間というのは1ヶ月ぴったりというわけではありません。どのくらい効果期間が持続するのか説明していきますので、是非頭に入れておくようにしましょう。

フィラリア薬はおよそ6週間効果が持続する

フィラリア薬は実はおよそ6週間もの間効果が持続します。しかしながら、6週間スパンでフィラリア薬を投与するとなると薬のあげ忘れが発生しやすく、また6週間というのもおよそなので、その効果期間を目安にギリギリでフィラリア薬を投与するというのもリスキーです。あくまでもフィラリア薬はフィラリアを予防するための薬なので、効果の切れ目ができてしまうと意味がないのです。なによりも大切な事は効果の切れ目を作らずに蚊のいる期間薬で予防をしてあげるという事です。なので、効果期間自体は6週間でも、やはりスパンとしては1ヶ月に1度フィラリア薬はあげるべきです。

1ヶ月に1度の投与なら2週間程度遅れても問題なし

1ヶ月に1度の投与を習慣化すれば、仮に決めた日程でフィラリア薬をあげ忘れてしまっても2週間程度猶予があります。その間にしっかりとフィラリア薬をあげる事ができれば、少し忘れていてもなんら問題はありません。フィラリア薬をあげ忘れてしまって焦る人は少なくありませんが、効果期間が6週間あるという事を知っていれば正しく対処できると言えるのではないでしょうか。

フィラリア薬の効果期間と投与間隔

フィラリア薬の効果期間は6週間ですが、そこにあわせてフィラリア薬を投与するというのは少しリスキーです。なので一般的には1ヶ月に1度の間隔でフィラリア薬は投与すべきだと言えます。このスパンでフィラリア薬を投与していれば、2週間の猶予がありますので仮にちょっとの間フィラリア薬をあげ忘れてしまっても、効果の切れ目を作る事なく問題はありません。

犬の薬サポートレポートTOPへ